看取り 用語集

アルツハイマー型認知症

認知症のひとつ。
認知症の半分以上を占め、特に女性に多く生じる。

症状としては
・記憶障害
・判断能力の低下
・見当識障害(時計が読めなくなるなど)
・妄想や徘徊
などがある。

加齢とともに発症リスクが増し、65歳を超えると5年ごとに患者数が倍増すると言われている。

用語一覧へ戻る

関連するインタビュー

  • 竹内 弘道

    1944年生まれ。2011年8月に97歳の母を自宅で看取る。母の介護の途中から、現在に至るまで認知症当事者や家族とが交流を深める活動を続ける。   2016/07/15 更新

pagetop