よくある質問

キーワードからさがす

在宅看取りのサポートは、どんなもの期待できるのでしょうか。

在宅看取りを行う上で、どんなサポートが期待できるのでしょうか。どんな専門家がいるのか知りたいです。

かつては在宅看取りというと家族の力だけが頼りでした。
しかし、現在ではさまざまな公的なサポートを期待できます。



まず第一に挙げられるのが介護計画の立案を担うケアマネージャーの存在でしょう。
在宅看取りを行う上でどのようなケアプランが必要か、要介護認定の申請方法、介護全般に対する疑問に答えてもらえます。


介護計画を打ち立てた上で助けになってくれるのが、訪問看護師や在宅医の存在です。
病院までの通院が難しくとも、自宅を中心とした医療サポートを期待することができます。


排泄や入浴、洗濯や掃除など、生活全般に渡るサポートについては、ホームヘルパーさんが担当です。ホームヘルパーは1級であれば「喀痰吸引」などの軽い医療処置を行うこともできます。



このように、在宅看取りをサポートする仕組みや職業が、現在では次々と出てきています。家族だけで全てを解決しようとせず、適切に外部の助けを借りることが介護・お看取りにおいては最も重要です。

質問カテゴリ一覧へ戻る
用語タグ 在宅看取り

関連するインタビュー

大切なひとと考える『これからハンドブック』

pagetop