看取りを知る

看取った後のこと

看取りまでの時間は、ご家族の体調・心を見つめながら「介護・医療」について考える機会が多いかと思います。
しかし、その方が生をまっとうした後はすぐ葬儀に直面します。そしてゆっくりする間もなく役所での手続きや遺族年金の請求、お墓や仏壇といった供養のご相談、相続……と、めまぐるしく物事が続きます。

また、ご逝去された後のお手続きは忙しいだけでなく、手を抜けないのが特徴です。段取りのミス1つが「なぜ私には連絡が来なかったの」「その話は聞いていない」といった、深刻な人間関係のトラブルへ繋がることもあります。それだけでなく、金銭トラブルにも発展しかねない手続きが次から次へと始まります。

このページではご家族がご覧いただけるようご逝去後の大まかな流れをまとめました。これらを事前にご覧いただき、参考となるページをざっとご覧いただくだけでも、いざそのときの心の準備として少しでもお役に立てればと思います。


ご家族が危篤になったら…


「危篤」は正確に申し上げれば看取りの直前だけを指す言葉ですが、ここから先のお手続きは一連の流れになっているのでこのページでお伝えしてまいります。

  • ‐関係者へ連絡する
  • [危篤になった場所が病院の場合]
  • ・家族や親族への連絡
  • ・友人知人といった交友関係への連絡
  • ・学校や会社、地域の関係者への連絡
  • ・キリスト教の場合には神父や牧師への連絡

  • [危篤になった場所が自宅など病院以外の場合]
  • 上記に加えて、かかりつけ医へ連絡します。

‐現金の準備

現実的な話ですが、看取り後は病院へのお支払い・タクシー代・遺体の搬送・駆けつけた方への飲食費…と、すぐに必要な出費が発生します。また、本人が亡くなると銀行口座は間もなく凍結され、相続関係が整理されるまで、その口座のお金は引き出せなくなります。
生命保険が下りるにも手続きが必要で、しばらくたってからとなります。このため生命保険金を受け取るのは大抵の場合、葬儀費用をお支払いした後となります。

●ご臨終後


‐医師に死亡診断書を書いてもらう

病院なら何もしなくても死亡診断書を渡されますが、ご在宅でのお看取りでは医師に来てもらい、死亡診断書を発行してもらう必要があります。
既に危篤の時点でかかりつけ医が関わっている場合にはそのまま発行してもらえますが、そうでない場合にはすぐにかかりつけ医に連絡をしなくてはなりません。

自宅でお看取りされる場合の典型的なトラブルとして、もともとご自宅でお看取りを希望されていたのに、いざ危篤になるとご自宅へ救急車を呼んでしまうケースがあります。実はご本人が救急車の到着時に亡くなっていると、救急隊員は遺体を病院に運ぶことなく、すぐに警察へ連絡しなくてはなりません。
警察へご遺体が引きとられるとなかなかご遺体が戻ってこない、解剖手続きを経るといった可能性がでてきます。

‐ご遺体のエンジェルケア(湯灌・お清め)を行ってもらう

ご遺体を湯灌(ゆかん)・お清めできれいにしていただきます。看護師または葬儀社のスタッフが行うことが多いようです。病院の場合、どちらがどこまで行うかは病院ごとのスタイルがあるようですが、在宅の場合には家族の希望で看護師にお願いすることが多いようです。

‐葬儀社を確保する

病院の霊安室に長くご遺体を安置はさせていただけず、早めに葬儀社を呼び、病院から搬送してもらうよううながされます。つまり、ご逝去されてすぐに葬儀社を決める必要があります。
ご遺体の搬送と、実際の葬儀を別々の葬儀社に依頼することもできます。しかし、実際には搬送代金分が割高になりますし、何度も葬儀社を選ぶ手間や時間も避けたいところ。搬送をお願いするまでに、葬儀もお願いできる業者さんを選んでおきたいものです。

ただし在宅や介護施設でのお看取りでは、葬儀社や火葬場への急な搬送は病院ほど必要ありません。葬儀社を決めるまでに多少を取ることが出来ます。

いずれのケースでも、葬儀社の担当者は葬儀だけでなく死亡届の手続き、お坊さんに渡すお布施のご相談など、この後のさまざまなプロセスで最も頻繁に頼ることになるアドバイザーでもあります。そのため、早めにいい葬儀社、いいご担当者に巡り合うことが大切です。
葬儀社を互助会で既に積み立てている、元々信頼関係があって…といった事情があればそこに連絡すればすみます。またどこかのお寺の檀家である場合には、そのお寺のご住職に相談して葬儀社を教えてもらえば、何かと問題が起きません。

しかし、そうでない場合には病院で葬儀社のリストをいただいたり、電話帳やインターネットで調べます。ですが、いい葬儀社を選ぶ手がかりや知識が無いなかで、頼んだ葬儀社が良いか悪いかは運次第となっているのが実情です。
最近では下記のような、これまで利用された方の評価が高くそのご家族の希望に沿える葬儀社を、第三者の立場でアドバイス・ご案内するサービスもございます。
たとえば、鎌倉新書の運営する「いい葬儀 お客様センター」は、年間10万人以上に情報提供や相談対応を行っている代表的な窓口になっています。


葬儀社の決定からご葬儀まで


この先は基本的、葬儀社の担当者が案内してくれるため、葬儀社の担当者にアドバイスをもらいつつ、このような手続きを進めてまいります。

  • ・死亡届の提出
  • ・お通夜
  • ・葬儀・告別式
  • ・火葬・(繰り上げ)初七日法要

葬儀の後から


実はご葬儀がおわり、ご遺骨が骨壺に入れらて自宅に戻ってきた後にもさまざまなお手続きが残っています。しかし、葬儀社の担当者もここから先のことはあまり詳しくありません。
一連の手続きに通じているプロや職業は存在していないのが現実です。
行政関係であれば役所、生命保険のお手続きは保険会社、相続は行政書士や税理士、健康保険や共済組合などは勤務先の総務に相談する……など、それぞれに関わる窓口や担当者に問い合わせ手続きを進めていくことになります。
現状では、ご家族が多数の担当者や窓口とやり取りをしながら進めていかなければならない領域となっています。
以下からは、ご葬儀のあとに必要なお手続きを簡単にご案内してまいります。

  • お手続き・ご請求系
  • ・保険会社へのご請求
  • 健康保険、労災保険、共済組合とご契約されていた場合は、埋葬料や葬祭費、遺族年金などを請求します。生命保険金も契約されている場合は、別途請求します。
  • ・雇用保険の資格喪失手続き
  • ・公共料金の銀行引き落とし口座変更
  • ・扶養控除移動申告

これらのお手続きはそれぞれ期限が決められていることが多く、スケジュールにも注意が必要です。それぞれの窓口となる方に相談しながら進めていきます。

  • ・お寺へのご挨拶
  • ・勤務していた会社、親戚や近所等々への挨拶回り
  • ・香典返しを送る


つい法律や保険の手続きで後回しになりやすい「お付き合い」の部分。ないがしろにしては思わぬトラブルに発展します。進め方はお世話になった葬儀社の担当者がいろいろ教えてくれるはずです。

また、自宅にお仏壇が無い場合は49日までに用意することが多いようです。お墓も代々のお墓(代々墓)がなければ新しく必要となります。最近は一般的なお墓以外にも樹木葬や納骨堂、永代供養墓など、都市部のビルに入っておりお参りがしやすかったり、家族が相続できなくても安心してお預けできたりする制度など、様々な種類のお墓が普及しています。

お仏壇、お墓ともに、それぞれの専門スタッフに無料で相談できる「いい仏壇 お客様センター」や「いいお墓 お客様センター」を活用する等で間違いのない選択をしていくことが大切です。


財産関係


財産に関わることで最も代表的なのは遺産相続です。遺産相続は「遺産をどう分けるのか」を決める話し合いと「相続税を納める」2つの手続きに分かれます。
よく「うちは財産なんてないから関係ない」という声を聞きますが、相続トラブルの3割は資産が1,000万円以下のご家庭から生まれています。また、相続手続きが終了しないと故人の銀行口座は凍結されたままとなってしまいます。

ご家族内で揉めないために、また不動産の移転登記をスムーズに進めるため、遺産分割協議書を作ることをおすすめします。

このほかにも、遺品整理を事業者に依頼したり、関係者に形見分けを行う場合もあります。
遺産相続なびでは、遺産相続が初めての方にもわかる基礎知識や専門家のご案内をしています。また、遺品整理なびでは、ご遺族の代わりに遺品整理をする専門の業者を探すことが出来ます。

なお、葬儀、お墓、仏壇をはじめとした資料をご所望の方は、無料でご郵送の対応も行っておりますので、こちらからお気軽にお問い合せください。
お看取り後の「ご葬儀」のこと(終活)については、お電話でもお気軽にご相談ください。
0120-969-418(24時間 365日)


お看取りまでできる介護施設をさがす
お葬式・お墓・仏壇の各専門スタッフに無料で相談できるお客様センター

後悔しない選択をするために…

各分野の専門スタッフに
無料で相談できます詳しく

  • 「いい葬儀」お客様センター
  • 「いいお墓」お客様センター
  • 「いい仏壇」お客様センター

pagetop