看取りを知る

介護の準備が必要になったときのこと

最初に考えておくべきことは、誰がどこで面倒を見るのか

護に失敗する確率がもっとも高いのは、初動段階でつまずくケースです。身内に介護が必要となる人が出ることは考えたくないことですが、全く想定していない状況のまま、介護に直面すると何から手を付ければ良いのかわからないまま、やることなすこと後手に回るケースが少なくありません。
例えば、親が緊急入院したと仮定しましょう。入院から10日間ほどが経ち、病状も安定して一安心という段階にさしかかると、病院側から「そろそろ退院を考えてください」という言葉が投げかけられます。さて、あなたはどのように対応できますか。

最近の医療は、できる限り速やかに退院を勧め、空きベッドに緊急の患者を受け入れることが一般的になっています。せっかく一息ついたのに退院を迫られる患者とその家族には厳しい状況ですが、その瞬間から介護が始まります。入院したら全快するまで同じ病院にいられるという時代ではありません。入院した直後から、その後の身の振り方を考える必要があるわけです
高齢者医療の専門家の話では、ここから先は「下り坂の医療」と呼ばれる領域です。けっして良くはならないが、どうすれば苦痛をできるだけ軽減して最期を迎えられるかを考える時期に来ているのです。介護は大変ですが、どうすれば親が穏やかに暮らせるかを考えてあげてください。
しかし、高齢者のおかれている現実は厳しいものです。6割を超える人が自宅で死にたいという願いを持っていながら、病院で亡くなる方が8割を超えています。在宅で看取るためには、往診をしっかりしてくれる在宅医療の医師と看護師とのパイプづくり、在宅介護を支えてくれる介護のサポート体制も構築しなければなりません。介護施設に介護をゆだねるとなれば、しっかりとケアをしてくれる施設探しが大きな課題となります。ところが、本人と家族がいくら努力しても、周りのサポート体制が追いつかない場合、介護の負担から逃れることはできません。

問題点を整理して考えてみましょう。親が倒れて、いよいよ介護が始まるという段階で、まず考えなければならないのは、誰が面倒を見るかということです。将来的に、家族ではとても面倒を看られないという状況が予測できていても、病院から退院後すぐに入所できる高齢者施設や病院は見つかりません。介護が必要な状態で退院を目前に控えている親の面倒は、ひとまず家族が看なければならないのです。そこがスタート地点で、その後、どうすればスムースに施設や病院へシフトできるかを考えるというのが、介護の入り口にある現実です。
ここから先は、とても難しい判断が求められます。介護の入り口で失敗しないためには、家族、親族を含めた全員での話し合いが必要です。  在宅介護を受けもつのは、いったい誰になるのか。その本人は納得して介護にかかわるのか。周りの人たちは、金銭面を含めてどこまでサポートできるのか。「金は出すが口は出さない」という意識を共有できるのか。本音で話し合いをしてください。
その時、絶対に見栄を張らないことです。長男だから必ず面倒を見なければいけないわけではありません。本当にできるのか冷静に判断しましょう。夫は妻に、妻は夫に対して率直にものを言わなければいけません。わだかまりを残したまま、何となく介護をはじめてしまうと失敗します。難しいことは百も承知ですが、話し合ってください。

相続でもめる話は良く聞きますが、その前哨戦として介護がきっかけになって親族同士がもめることも少なくありません。親の入院をきっかけに、正確な情報が伝わらないなかで人間関係が損なわれることも良くあることです。だからこそ、介護をはじめる前に、一同が顔を合わせて話し合うことはとても意味のあることです。ただし、一方的に退院後の段取りばかりを説明するのはいただけません。
まず、全員が顔を合わせたら、入院から今に至るまでの状況をきっちりと説明する。さらに、今後、親が退院した場合、次の入院先の可能性や、最終的には、家に引き取るのか介護施設に入るのか、いくつかの選択肢があることを情報開示してください。
こうした内容を事前に知らされていれば、心の準備もできます。何も知らされないで、「誰が介護をする」という話を切り出してもうまくいきません。職場でも、事前に「根回し」がなければ仕事がスムースに動かないのと同じです。

「家族だから、親族だからそんなに気を使う必要はない」というのは間違いです。親のおかれている状況を説明して、情報共有をしてから、親のためにどういう選択がよいのかを話し合う方向にもっていきましょう。
お互いの立場や、暮らしの状況などをざっくばらんに話せるといいのですが、なかなか難しいと思います。結局、誰が介護の責任を負うのか。この話を切り出す勇気を持ってください。
とてもじゃないけれど、親族が一堂に会するなど無理と考えている方も多いはずです。それでも声かけは必要です。家族・親族会議が必要だという背景には、この問題の主導権を握る大きな目的があるのです。介護が始まる前に、会議を開きましょう。

介護を継続できる場所は? 選択肢は在宅・施設・病院

が介護の担い手になるのか決めると同時に、どこで介護するかを考える必要があります。
「どこか良い施設はないかな」突然、先輩からこんな電話をいただいたことがあります。親の介護が必要になった段階で、介護施設への入居を決めていることは分かるのですが、本人には全く知識がありません。極端に言えば、深く学ぼうという気持ちは一切なく、とにかく面倒を見てくれるところを探している。これでは、話にならないわけです。
施設を探す間、一時的であっても在宅介護の期間が発生します。そこで十分なケアができないと要介護者の状態は悪くなる一方で、施設に入るころには、寝たきりの状態にまで悪化している可能性もあります。介護全般に関して専門家レベルまで知識を得ることは難しいと思いますが、介護が始まってどのような流れで終末期まで進んでいくのかくらいは知っておきたいものです。

まず、在宅介護の場合、家族がすべてのケアの担い手になる必要はありません。2000年からスタートした介護保険制度を利用して、在宅介護サービスを受けることができます(詳細は「看取りまでつながる介護・医療の基礎知識」参照)。家族が介護できない時間を介護サービスの利用によって埋めていくことで、在宅での介護を継続することが可能です。逆に、家族だけで抱え込んでしまうと、精神的にも体力的にも負担が大きく、結果的に失敗するケースも少なくありません。在宅介護をできる限り長く続けたいという想いをもっている方は、介護サービスの活用に向けた知識の習得を考えてください。
介護は家族ではなく専門家の手にゆだねたいと決断した場合は、介護施設の種類とサービス内容に関して知識を整理しましょう。

介護施設には大きく分けて、社会福祉法人が運営する「特別養護老人ホーム」や医療法人が運営する「老人保健施設」などの公的な施設と民間事業者が運営する「有料老人ホーム」があります。民間運営としてはさらに、一般の賃貸住宅と変わらない契約関係となる「サービス付高齢者住宅(サ高住)」、認知症高齢者専用の「グループホーム」があります。それぞれの施設の特徴を理解し、利用料との兼ね合いを含めて検討する必要があります(詳細は「施設で看取る」参照)。
終末期までを見越して、病院に最期をゆだねるのか。あくまで在宅や施設での看取りを希望するのかも検討する必要があります。すぐに判断できることではありませんが、介護の先には大切な人の「死」が待っているわけです。どこで誰が面倒を見るのか、そして、どこで死ぬのか。介護のスタート時点で考えなければならないのです。

介護を受ける側の気持ちに配慮することも必要

護が始まると、判断の難しいことばかりが連続して起こります。そのとき、何を判断基準にするか。やはり、介護を受ける側の立場に立って考えてあげることです。
例えば、高齢者施設を選ぶとき、施設の評判や建物の状況、サービスの内容、利用料など検討項目はいくつもあります。しかし、私は、最終的に、入居する本人が気に入ったところを選択することをお勧めしています。家に変わる住まいです。本人が気に入ったところが、たとえ評判は悪くても優先すべき項目だと考えているからです。施設の足りないところは、家族が何度も訪問して補っていく方が、満足のいく暮らしに繋がっていくものです。介護の中心には、必ず介護を受ける本人がいることを忘れないでください。


お看取りまでできる介護施設をさがす
全国の看取りまでできる介護施設をさがす

pagetop