看取りを知る

終末期に入ったときのこと

医療との関わりをしっかりと準備しておく

宅で介護する場合、医療との関係性をどのように構築するかが課題となります。風邪をひいたくらいで、そのつど病院に入院するのも大変ですし、かといって何の治療も受けないで薬だけで大丈夫なのかという不安も感じるでしょう。
最近では、病院で点滴を受ければすぐに回復するため、気軽に病院に半日程度入院する方もいます。しかし、高齢者の場合、短期間でも日ごろの生活と違う場所で過ごすことがリスクに繋がります。短期の入院をきっかけに認知症の初期症状がはじまるケースもあります。在宅介護を安心してつづけるためには、必ず医療との接点を確保しましょう。矛盾する言い方かもしれませんが、理想は、病院にはできるだけお世話にならないで、在宅での療養を可能にすることです。

具体的には、介護保険サービスに組み込まれている「訪問看護」の活用です。看護師が医師との連携を図って行う療養指導をはじめ、食事・排泄・清潔指導、服薬管理、経管栄養、人工肛門管理などのサービスが受けられます。(詳細は「介護を支える医療の存在」参照)
サービスの提供は、訪問看護ステーション、病院、診療所から実施されます。もともと医療保険でしか行われていなかったサービスでしたが、介護保険の中に組み込まれたことで利用度は高まっています。訪問介護を上手に利用することで在宅介護を継続させることができます。現在は、早朝、夜間、深夜に訪問看護サービスを利用できるようになっています。通常の料金に加算されますが、よりきめ細かな訪問看護の体制作りが進んでいます。また、訪問看護によるターミナルケアも組み込まれています。
また、自宅に往診に来てくれる「在宅医療」に力を入れている医師の数も増えています。在宅向けの医療と看護を活用すれば自宅で死を迎えることも不可能な時代ではありません。

どこまでの医療を受けるかを家族全員で考える

宅で介護をしている家族が感じる無力感というのは、どれだけ日常のケアに熱心に取り組んでも、体調を崩したら医療の力に頼るしかないという現実に直面するときです。
しかし、それは仕方のないことで、医療に頼ったから介護をさぼっていたということにはならないはずです。日常の暮らしを家族全員で支えて、あらゆる介護サービスを活用して頑張ってきた結果、最期に病院で安らかな死を迎えることができるのです。
考えておかなければならないのは、どこまでの「延命治療」を求めるかです。これは、介護施設や病院で介護を受けている場合も同じことが言えます。最近の医療は一昔前に比べれば非常に進歩しています。言い方は悪いですが、心臓を止めないだけであれば、かなりの時間の延命が可能になっています。
しかし、それが本当に意味のあることなのか、家族で考えてください。看取りは、死の場面に立ち合うという意味ではなく、どのような最期を迎えるかを考え、実行することにあります。尊厳死が認められているオランダなどの諸外国とは事情が異なりますが、どのように死を迎えるか、これからは考えなければならない時代になりました。


具体的には、積極的な治療をどの段階まで受けるのかを元気なうちに話し合っておくことです。チューブにつながれて、呼吸だけしている状態でも生き続けてほしいというのが、家族全員の願いであればそれでかまいません。逆に、苦しまないで安らかに眠ることを望むのであれば、それもひとつの選択だと思います。
どうして、このようなお話をするかというと、最近の病院では選択権を患者側にゆだねる傾向が強いからです。呼吸器を外す、点滴をやめるといった判断は、本来、病院の医師がすることだと思うのですが、そのつど確認の連絡が来ます。かといって、素人が判断できることではないので、医師のアドバイスを聞くことになるのですが、とにかく、患者側にすべて確認をとるのが病院側のスタンスになっていることを知っておいてください。
どのような死を迎えるかという方向性さえ決まっていれば、その方向に向けたアドバイスを選択することができます。死に方にも、個人の判断が優先されるわけです。

最後まで介護を受ける人の尊厳を守りたい

護の中心には、介護を受ける本人がいるというお話をしました。これは、終末期の段階に入ってからも変わりません。本人の判断能力が失われていたとしても同じです。海外の介護・医療の現場では「センター・パーソン」という言葉が使われています。人が中心にいる。つまり、本人を無視してあらゆる判断がくだされてはならないという考え方です。
終末期に入る前に、死について、あるいはどのような医療を受けたいかを話し合っておくことは難しいことです。それでも、折に触れて、どんな死に方をしたいか、遠回しのはなしでもいいので、本人の思いを汲み取ることができるような機会を設けられるように努力しましょう。
しかし、親を看取った人たちは、「もっとできる事があったのではないか」という後悔の想いを口にする場合が大半を占めています。おそらく、きっと後悔ばかりが浮かんでくるのでしょう。相手の立場に立って考える。個人の尊厳を守るというのは、本当に難しいことですが、じっくり考えていきましょう。

終末期に入ったら、介護と平行して医療面のサポート体制を作る。どこまでの医療を受けるかについて考える。本人の意思を尊重する。3段階のプロセスをへて終末期の体制づくりを考えてください。


大切なひとと考える『これからハンドブック』

pagetop