看取りを知る

【7】 生活支援サービス

日常の細かなケア、生活支援サービスを確認

用者の個人的な要望も含めて、介護サービスに関してチェックが必要なことを説明しましたが、日常生活におけるサービス内容に関しても遠慮なく確認しておくことが必用です。

居室の清掃や洗濯物の管理。クリーニングの要望に応えてくれるか。買い物の代行を頼めるか。病院への通院が必要な場合、その送り迎えをしてくれるのか。金銭管理なども気になるところです。
手っ取り早く確認するには、見学に行ったときに、すでに入居している人の部屋を見学させてもらうことです。室内にある観葉植物の葉にほこりがかぶっていないかを見るだけで、その施設の清掃の状況が確認できるといった話を聞いた事があります。利用者が大切にしている植物にまで配慮できるかどうか、重要なチェックポイントと言えるでしょう。

洗濯室などのバックヤードも遠慮なく見学させてもらうべきです。堂々と見せてくれる施設とそうでない施設がありますから、こうしたところで判断するのも施設の善し悪しを知る手だてになるでしょう。

一方、サービスが良ければそれで良いというものでもありません。逆に、自由にさせてくれるというのもポイントです。何から何まで付き添っていられるのもストレスになります。危険がないように見ていてくれるだけで十分。こんな関係性が、利用者とスタッフとの間でやり取りされているか。第三者の視点を持ってコミュニケーションの状況を観察することも必要です。

管理体制が余り厳しい施設は窮屈なものです。やりたいことをさせてくれる、必用なときには助けてくれる。ちょっと贅沢な希望ですが確認してみてください。

  • 【生活支援サービスに関するチェックリスト】
  • 1.居室の清掃
  • 2.洗濯
  • 3.買い物代行
  • 4.失禁等、突発的な清掃への対応
  • 5.入居、退却時の送迎
  • 6.病院送迎への付き添い
  • 7.買い物への付き添い
  • 8.散歩への付き添い
  • 9.行政機関への付き添い
  • 10.自宅への送迎
  • 11.貴重品の管理

>>「介護施設の見分け方」メニューに戻る


大切なひとと考える『これからハンドブック』

pagetop